>

英語の勉強方法

リスニングとヒアリングって?

まず「リスニング」と「ヒアリング」の違いを説明します。
リスニングもヒアリングもどちらも「聞く」という意味で同じと思っている人が多いですが違います。
リスニングとは、意味は「聞くこと」、「聞き取り」です。
「listen」は行為動詞なので、音声から流れてくる英語を、意思を持って聞き取ることにあたります。
ヒアリングとは、意味は「聞く」です。
自然と聞こえる話し声や、外に居て聞こえる音の事をいいます。
聞こうとする意味ではなく、自然に聞こえることを指します。
なので、皆さんが勉強して英語の聞き取りができ、話せるようになっているのはリスニングをしたからでしょう。
このように二つの意味を調べてみると全然違うことが分かります。

テレビ電話で学ぶ

最近では、「Skype(スカイプ)」というインターネットを経由して、どこでもテレビ電話やチャットができる無料のソフトが開発されました。
このスカイプを利用すれば、好きな時間や出先などでも英会話を学ぶ事ができます。
近年は、スカイプを利用したインターネット英会話学校が増えています。
ここで、メリットをお伝えします。
場所がどこでも良いので家から出なくて良いです。
また、外出している人は、出先からできるのでわざわざ教室に向かわなくて大丈夫です。
教室に通うと時間の選べる範囲が決まってしまい、なかなか思うように行けませんが、勉強時間も仕事に合わせて選べ、深夜や休日、空いた時間に学習することができます。
マンツーマンで学べるので分からないところは瞬時に質問でき、解答も聞けます。
自分のペースで学べるので勉強に付いて行けないという事がないです。
一回の受講料が100円から学べるものもあるので、安い費用で学べます。


この記事をシェアする